遠距離 復縁

遠距離になった彼とよりを戻せた復縁方法!

彼が転勤になり遠距離になることになりました。それに合わせて彼から別れて欲しいと言われ、反論しましたが半ば強引にフラれてしまいました。そしてスグに転勤先に引っ越してしまい、結局ちゃんと話し合うことも出来ませんでした。

確かに離れると会えなくなってしまうので、付き合っていくのは難しいかもしれません。でも私は彼と一生一緒にいたいと思っているので、こんなことでは諦めたくはないんです!

彼とは離れ離れになってしまったのでメールで連絡していますが、返事はなんだかそっけなくて彼の心はもう私にはないように感じました。それからはその事がショックで毎晩泣いていました。 ひと目でも会えたらと思いますが、簡単に会える距離ではないのでそれすらも叶いません。

何とか彼にこっちに向いてもらうことは出来ないか…そう思い必死で考えました。もしかしたら私のメールの文章が悪いのかもしれません。でも何がいけないかもわからないし、何とか出来ないかとネットで見つけた復縁方法を頼ってみることに。連絡の仕方もこの方法を参考にするように変えることにしました。

すると、彼からの返信の内容も少しづつですが変わっていったんです!今までよりも反応が良くて、それからも楽しいメールが続いていきました!そしてそれから2ヶ月後、とうとう会えることになり彼の方からよりを戻そうと言ってくれました!

こんなに上手くいくと思っていなかったので驚きです!復縁に成功したのは、どう考えてもこの方法のおかげです!諦めかけていましたが、この方法頼って本当によかったです!

復縁したカップルが絶対にやってはいけない3つの法則

ちょっとしたことがきっかけで、すれ違い、結局別れてしまったというカップルがいる。原因が些細なものだったとしたら、復縁する可能性は大いにあって、事実一度別れてもまた付き合うようになったというカップルはとても多い。

しかし、いったん別れて復縁するまでの期間、互いに自由にしていたわけで、その空白期間にたいして変な探りを入れたりすると、またお別れになってしまう可能性が高い。このように、復縁した者同士が決してやってはいけない3つの行動について記してみる。

まず一つ目。昔付き合っていた頃のエピソードを引き合いにして「あなたってこうよね」と決めつける行動をとることをしてはいけない。空白期間を含め、別れてから現在に至るまで、互いに成長して変化しているはずである。むしろそういう部分を見たからこそ復縁をしたはずなのに、失敗を重ねていたあの頃の自分を基準にして判断されてしまうのは癪に障るのだ。

二つ目は、監視するような行動をとってはいけないということ。以前の別れた原因が他好きや他のものへの興味だったカップルはなおさらだと思うが、自分だけを見ていてほしくて、束縛が強くなる傾向がある。メールで「今何してる?」「明日は何をするの?」など、行動を逐一把握しようとするようなメールは相手にとっては重すぎる。また逆に、自分が一日どこで何をしていたかを報告するような日記じみたメールを送るのも良くない。相手が本当に自分の行動に興味があるなら直接聞いてくるだろうに、聞かれもせずに一方的に報告すると、相手は自分にもこの報告を強要しているのではないかと勝手に思ってしまう。

最後の三つ目は、空白期間中の、自分のはしゃいだ経験を自慢することを決してしてはいけない。男性と遊んだ話とか、コンパに行ったとか、付き合っている以上は、彼氏は彼女の過去の経験や異性交遊エピソードは、一切聞きたくないものなのに、わざとやきもちを焼いてほしくてそういった話をしてしまう。女性がわからすると、別れた後寂しくなかったのよというアピールをしたいし、その間自分はとても成長したんだということを何とか証明したくて、言わなくても良いのに勝手に、何なら大げさに自分の遊んだ話をしてしまう。しかしそれをしてしまうと男性は引いてしまう。解っていても知りたくないのだ。

せっかく復縁できたのだから、以前の失敗した経験を活かして、さらに仲の良いカップルになってもらえればと思う。

やはり子供がキッカケ…別れた夫婦が再婚する流れになる理由

一度離婚した夫婦が、修復を経て再婚するケースがある。このきっかけとなる要因は、ほとんどの場合が彼らの子供の存在だという。

一概に、子供がキッカケだったと言ってもその内容は様々で、「養育費を払えなくなった」とか「母子家庭で働きに出ていて病気になってしまった」など、現実的なキッカケから復縁を考え、話し合った結果子供のためを思って再婚に至ったケースもある。この場合も決して妥協したわけではなく、ただの妥協と都合がよかったからという理由で復縁したら再度失敗するということは、本人たちが一番理解しているところである。

一番多い復縁の理由は、もちろん子供がキッカケなのだが「子供」というより「子供への接し方や考え方」がキッカケになった、という場合だ。夫婦は、どんなに嫌いあって離婚してしまったとしても、その間に子供がいれば定期的に連絡を取らざるを得ない。学校の行事ごとや、子供の進路のタイミングなど、片方の親が独断で決めるわけにはいかない場合がたくさん出てくる。そのたびに嫌々ながらも連絡し合って、話し合っていくうちに、夫婦でいたころには気付かなかった意外な一面を知っていく。子供に対する考え方にも共感出来たり、接し方には尊敬すらするようになると相手に対する感情が変化していく。

夫婦でいたころには気付かなかったと先述したが、実はそうではなくて、離れている間に互いに努力して成長したのではないかと思う。人は、失敗からたくさんのことを学ぶ。離婚に至ってしまったことについても、深く傷ついた分後悔や反省を経て、ずいぶん成長するのではないだろうか。その姿は一緒に居たころには見られなかったもので、だからこそ新鮮で、とても魅力的に映るのだと思う。

「子供の為に再婚しない?」という言葉で最終的には復縁に至るのだが、その真意は子供の為ではないということはおそらく互いに理解しているだろう。子供を介して努力と成長を遂げた戦友同志、共感する部分も増え、離れた期間があったからこそ相手を客観的に見ることが出来て結果的に良かったとすら思えるようになる。

子はかすがい、という言葉があるがまさにその通りだと思う。復縁した夫婦は、今までとは全く異なる二人として、新しい生活を始めることが出来るだろう。

家庭内別居の夫婦…もう一度愛情を取り戻すための「復活デート」とは

離婚率が増えている現代の日本だが、離婚には至っていないものの関係が冷め切ってしまったような状態の「家庭内別居」をしている夫婦もたくさんいる。原因は様々だが、家庭内別居に至る夫婦は割合的には中年夫婦が多いようだ。子がかすがいとなって成り立っていた夫婦関係が、いざ子供が自立して家を去って行ったあと、二人だけになったときにどのようにコミュニケーションをとってよいかわからずに、会話のない状態から、食事も共にすることがなくなっていくのだという。

家庭内別居の夫婦には二つのパターンがある。一つは、今すぐにでも離婚したいくらいに、嫌いあっている夫婦。条件がそろえばいつでも離婚に踏み切りたいとお互いが思っていて、でも慰謝料の問題とか年金の問題とか、離婚を妨げる大きな要因があるために仕方なく、同じ屋根の下に暮らしているというパターンの夫婦である。この場合はほぼ修復不可能だ。

もう一つのパターンは、離婚するまではないものの、現在の生活に強く互いを必要としていないために、コミュニケーションを取らなくなった夫婦である。この場合はお互いを心から嫌いあっているわけではないので、離婚したいとは思っていない。しかし、同じ屋根の下にいながら会話がないのを特に寂しいとも思っていないし、むしろ自由で快適とすら感じたりもする。ただ、今後お互い高齢になっていくにつれ確実に一緒でいることの必要性を感じる時が来ることは理解していて、そのためにはもう一度夫婦で向き合うべきだということも理解はできている。

このような、まだ修復可能な夫婦をもう一度昔のような仲の良い関係に戻すべくサポートしてくれる業者がいるという。「復活デート」をプランニングしてくれて、実行に移す手助けをしてくれるらしい。いわゆる「別れさせ屋」の逆のパターンだ。この復活デートで初めに大切なのは、同じ家に住んでいながら、一緒に外出せずに、わざと外で待ち合わせをさせることだという。妻が化粧している過程や、夫が髪を整えている過程をあえて互いに見ないようにして準備をして、各々が違う手段を使って待ち合わせ場所に行くことで、普段と違った新鮮な感情で相手を見ることが出来るという。

そして、デートが始まったら必ずどこか一か所、触れ合っていなければならないというルールを設定して過ごしてもらう。手をつなぐなどいきなり高度なことをしなくても、妻が夫の服の一部を掴む事から始めればよい。そして、デートの最中には必ず、二人で体を動かすことをする。中年デートでオススメなのはボーリングだ。ゲーム感覚で体を一緒に動かすと親近感がわき、興奮状態を恋愛感情と区別がつかなくなるようで、一気に仲が良くなるという。

いったん仲良くなれば、昔の時代を思い出すので修復はとても簡単なのだという。家庭内別居を終わらせたいけれどきっかけがつかめずにいる夫婦は、それを第三者に委託するのはとても良い方法だと思う。